2012年1月23日

LA MIA BICI 4:Scott Addict R1

乗鞍ゴール後、この年は槍・穂高が綺麗に見えた

Felt F35が事故って、保険金がいくらか出たので、思い切ってトップモデルをと購入した。さらにデュラ7800一式を買い、決戦マシンとして組んでもらった。Scott Addictの初年度モデル、フレーム重量790g(公称値)フォーク330g、ISP、オールカーボンのドロップエンド、と今でもぜんぜん一線で活躍できるフレーム。5年はこれよりも100g以上軽いフレームは出てこないだろうと踏んで決めた。(結局R5 CaとかSuperSixEvoとか出てきたけどね)もともと2004年にツールにデビューしたScott CR-1に興味があったのだが、極太扁平のモノシートステイがあまり好みでなく、Addictになって2本の細いシートステイに変更されたのが決定的だった。

組みあがって、Easton Accentに230gぐらいのタイヤでおおよその重量をしらべると7.0kgちょいぐらい、スプロケだけが105でまたワイヤーも見た目重視でClarksの銀色の重めのやつにしたので6kg台には行かなかった。

いざ十三峠に登ってみると、はっきりいってビビった。グイグイ登ってくれる。Felt F35より2枚は重いギアで踏めた。トップグレードカーボンフレームってこんなんなんだ、みんなこんな卑怯なやつに乗ってたのかよって本当に驚いた。1本目のタイムでそれまでの記録を1分以上更新した。

Veloflex Recordを履かせてやっと7.0kg切るぐらいにして、いざ乗鞍へGo。Fondriest MEGAでの最高成績が1時間15分台、Felt F35で11分台だったのだけど、あっさり10分の壁を超えて7分5秒をマーク。まあ機材は大事だね、ということでした。

紅葉の龍神スカイライン
自分の懐はあまり切っていないとはいえ、 貧乏性につき、 普段使いは出来なかった。結局ツーリングはDahon Allegro等に任せて、乗鞍以外はほとんど乗らずじまい。ヒルクライムレース熱も醒めてしまったので、出番なくほこり被ることとなった。実際乗るとぜんぜん違うんだけどね。もったいない。いまじゃAddictぐらいの軽さも当たり前になってるし、ガンガン乗りたおすべきだとは思っている。

ISPはやっぱり無用だった。買った当時のポジションと現在のポジションはだいぶ変わってしまっていて、突き出しが足りなくなってしまった。今はMAXラインを1cmぐらいオーバーして突き出し、レールの高いサドルで誤魔化している。

もっと乗ってあげよう。

2012年1月22日

堺シクロ観戦

ぴょん!

日曜日、山に行きたいけど自重して、10時頃起床。とりあえず関西シクロ堺を観戦に行く。怪我がなければエントリーしてたかもしれないので試走してみたかった。

シクロバイクを出して10時50分に出発。区役所で用事をすませて阿倍野筋を南下、大和川、26号、臨海線と通って、石津川で埋立地方面へ。舞洲とか堺浜とかもそうだけど、埋立地の長い直線は嫌いだ。変化なさすぎ。ローラーも嫌いだし、おんなじとこぐるぐる回るのも嫌い。だから練習なんて絶対しない。せっかく走るんだったら行ったとこないとこ、遠くまで行きたいじゃないか。

ちょうどキッズの終わりの方で到着、しばし知り合いを探すけどいない。まあ、試走が目的なのですぐにコースイン。

一周走って、もしレースに出ていたとしても全然ダメだったろうなと実感した。くろんど池の時は半分MTB、半分ロードだったからMTBセクションで前にいけたけど、ここはパワーオンリー、素人にはシケインなんかスムーズに越えれないし、飛び乗りもぎこちない。

いい脚です

C1が始まるので適当な場所で観戦。来週世界戦だから竹之内選手以下世界戦組はいない。丸山選手が独走で優勝した。あまり見所がなかったかな。ただみんなバイクコントロールが上手いなあ。

C1が終わって、二・三人知り合いに挨拶して帰る。最後にこの前山サイで怪我していろいろお世話になった方にお会いできてよかった。謝って近況報告。

帰りはウエパーに寄る。こんがり焼けたCervelo RSが¥80kにはちょっと笑った。ほかの焼けパーツに出物は無かったので、おばちゃんの押しが健在なのを確認してから帰る。

来年はくろんど池はまた出ようと思うし、他ももうちょっとでてみようかな。自走できないところは誰かに連れていってもらわなきゃいけないってのが辛いけど。


2012年1月20日

LA MIA BICI 3:Felt F35

桜島とF35

Fondriest MEGAがダメになったあと、Felt F35のフレームと7700デュラのレバー・ディレーラーをセットでシルベストの店員さんから中古で譲ってもらった。出たばかりのシマノのコンパクトクランクをつけて、後は手持ちのパーツで作り上げた。

開聞岳をバックに
Fondriest MEGAにつぐ2台目のアルミのフレームだったけど、カーボンバックのリアのおかげか、MEGAとは乗り心地が全く違った。突きあげるような振動がなく非常に快適。MEGAがいかに固いフレームだったか分かった。

熊野古道レース後、雲海の大雲取山
サイズがやや大きく更にホリゾンタルだったので、シートピラーはちょびっとしか出なかった。ステムも2cm短くして90mm。このちょっと大きめのサイズが性にあったのか、このあとの自転車もやや大きめを選ぶようになった。重さはパーツにもよるけれどだいたい8.2kg~8.7ぐらい。

この頃はヒルクライムレースに結構出ていたので、重さからいって当然レースではいつもDahon AllegroではなくFelt F35だった。乗鞍、裏乗鞍、おんたけ、八ヶ岳、大台ケ原、勝山、熊野古道、内灘、一回だけ無くなった諏訪縦断サイクルマラソンなんてのもあった。

また、GWに九州縦断したり、夏に富士山完全ヒルクライム(富士宮から富士五湖をまわって、夜にスバルラインを登って、0時から5合目から頂上まで登山してご来光を拝んだ)を敢行したり、まあそれなりに乗り回していた。
ダウンチューブが・・・

そして乗り始めて2年半ほどたった頃、ツーリングを終えて琵琶湖の堅田から輪行で帰ろうとしていた時、渋滞の脇をすり抜けていたのだが、そこで渋滞で止まってる車の間から逆車線の車が(家に入ろうとして)右折してきて衝突。ダウンチューブが折れ、おしゃかになった。(乗ってる本人はボンネットの上に一回転して背中から乗り上げたが怪我は無かった)

最後は残念な別れになってしまった。

2012年1月18日

予後は・・・全然良好


1週間ほどブログが更新出来なかった。というのも仕事でドタバタしてなかなか書く気にならなかったわけだが、もうめんどくさくなってるのも事実。みんなすごいね。

肩甲骨の具合はというと、はっきりいって全然痛くない。肩こりみたいなダルさはあるけど肩をグルグル回しても大丈夫。今日1週間たったので再診してもらったけど、内容は同じだった。骨がずれない限りはもうすることはないということ。初めての骨折がこれぐらいですんでホント良かった。

普通に生活すればいいとのことなので自転車に乗ってもいいだろう。ただ同じような衝撃を受けて違和感がでた場合はすぐに来て欲しいとのこと。骨が完全にくっつくまで3~4週間。その間は山サイは自重かな。どうかな。

実を言うともう昨日チャリ通を再開した。踏み出した瞬間に感じる加速感がなんとも爽快。もう人類が二足歩行はじめた理由は自転車を発明して乗るためだとしか思えない一体感。もやめられない。

シクロ堺は応募できなかったけど、観戦には行こうと思う。

2012年1月13日

LA MIA BICI 2 : Dahon Allegro

菜の花畑とAllegro


折りたたみ自転車メーカーDahonのデモンターブルロードレーサー Allegro。
Richey Breakaway のOEM品。本家はフレームだけで(当時)20万以上したとおもうけど、こいつは完成車で定価ベースでも安かった。ただ売れなかったのかインターネットのショップでたたき売りされていた2004年モデルを、自重できず買ってしまったのだった。

当たりのロットの場合7700のデュラコンポがついてくるという情報もあったが、そんなことはなくアルテグラのディレイラーに105のレバー、クランクはトルバティブ、ホイールはAmerican Crassic CR350、その他リッチーパーツという構成。それで当時11万ちょいだったからかなりお買い得だった。

BreakawayというのはTom Richeyが考案したデモンターブル。製造は日本の東洋フレーム。シートポストにトップチューブとシートステイが分かれて差し込まれていて、そしてダウンチューブがBB付近で分割出来るようになっている。はずすと前三角と後三角がわかれてコンパクトになるというもの。やや大きいスーツケースぐらいの大きさの専用の収納ケースに(ちょっと強引に)ホイールも含めて収めることができた。

白川郷
輪行ばっかりしていた私にとっては心掴まれるギミックであった。しかしながらケースにキャスターがついていなかったので持ち運びに不自由し、ケースは活用されることはほとんどなかった。(何年かあとのケースにはキャスターがついた)
インターネットで買った自転車をシルベストの人に見てもらうのは心苦しく、自分で全てメンテした。

7005系アルミでとにかく乗り心地の固かったFondriest MEGAにくらべて、クロモリ特有のしなやかさというものが素人の感覚でも分かる気がした。細身のフレームにトルバティブの骨太なクランクは似合わない気がしたのでオクで6500系アルテグラのクランクを購入して装着してみると見た目も良くなり、とても気に入っていた。しかし今となってはどうでもいい後ろめたさのために、仲間と一緒に行く時には使わず、ほとんど一人の時だけ乗っていた。

渋峠にて
また通勤用メインマシンとして2008年ごろまで長く活躍、雨の日でもかまわず乗っていた。

だんだんとBB付近からパキパキという音がするようになる。ダウンチューブの分割部分が磨り減ってクランプで止めてもゆるゆるになってしまっていた。クランプにゴムシートをかまして止めたり色々工夫したが状況はよくならず。べつの通勤用チャリを入手してお役御免となった。

そしてバラす時になってはじめてシートポストが抜けないことが判明。シートステイ側のチューブに固着してしまっていた。トップチューブ側は緩めると動くのでデモンターブルではなく単なる折りたたみ自転車と成り果てた。

フレームはいまも倉庫で眠っているけど、今のところ復活する見込みはなし。
石垣島、西表島、長野、群馬、白川郷、富山、島根、こいつも色々なところに行った。いいマシンだった。

2012年1月11日

ついにやってしもた

いわゆるHPR腰

仕事休みの平日、正月始めにトレイルで知り合ったYさんに誘われ、M山Y丘に。朝6時におきて30分に出発、オンロードで25km走り、集合場所へ。もう一人の方も来られ出発。

前回トレイルでお会いして厚かましくついていかせてもらったのだけど、ちょっと今までの自分では考えられないところを登っていくのを見させて頂きカルチャーショックを受けた。MTBのテクニックとパワーがまだまだ足りないのを自覚し、今年は極めてやるぜと意を決した次第。早速、Y氏ホームコースのM山に登る。

最初林道の急な登りがあるのだが、ちょっと先行してみるも簡単についてこられた。さすがシクロM1上位常連。普通の登りならちょっと分があるかなという驕りも早々打ち砕かれた。

そして今日は最近使い始めたフラペでどれだけいけるかと試してみたけれど、全然駄目。前回いけてた所ですら歯が立たない。フラペでも楽々あがっていく動画とかみるけどどうなんってんの!?というわけで、先ほどの決意もあえなく萎む。

あとはフラペでの下りしかない!と意気込むもホームコースの二人の下りにはついていけない。前輪のグリップ感をつかめず、同じスピードで下れない。
この前前転したところはなんとか下りれたが、意気消沈して一旦M山を下りる。
車に自転車をのっけてY丘へ向かう。途中ロイヤルホストでモーニングをおごっていただいた。


Y丘もいろいろなコースを教えてもらった。コンクリ舗装の激坂を登り切れなかったのはフラペのせいにしたいけど、明らかに力不足。もう色々打ちのめされた。


そして、、、

ついにやってしもた。
前回と同じく危険箇所を下見して、ルートを確認し、お手本を見せてもらって、さあ。
で、前回と同じく前回り、左肩で受け身。


このあと・・・
いつもなら大丈夫なこけ方だった。でも肩に激痛が走る。そして服が何かに引っかかって動けない。助けてもらって服をはずすと、10cmぐらいの鉄の杭があった。本来階段の丸太を止めていたものだが丸太はもう無いので鉄杭だけが出てる。そこに上から肩を落としてしまった。

痛みが引かずもう乗れそうにないので自転車を近くの道路まで下ろしてもらい歩いて下る。そして車で家まで運んでもらった。出会って2回目の方にどれだけ迷惑かけてるのか。ほんと情けない。

送っていただいた後、病院でX線検査。結局肩甲骨に5cmぐらいのヒビ。CTで検査すればはっきりと分かるとの事だったが、肩甲骨の場合、ヒビが入っていようがいまいができることは三角巾で安静にするだけ、ということなので湿布だけもらって帰る。

自転車を初めてからもうすぐ10年、ブログを始めようとか慣れないことをするからか、ついに骨をやってしまった。幸い1週間ぐらいの安静、2週間ぐらいのリハビリで乗れるようになると思うけど、悔しいやら情けないやら。つい先日はGPSの記事書いたらGPS落として迷惑かけるし、デスブログかよってな感じ。さてこのままブログを続けるべきか否か。

ということで一旦、どこでもいけなくなってしまった。

2012年1月8日

また紛失!?

合流地点は雪が残ってた
今日はいつものメンバーでトレイルライド。
朝7時に家を出発し、いつもの集合場所コンビニへ。
メンバーはお世話になりまくっているta2daさんと最近よく一緒させていただいているjunさん。もう一人tokiさんは午前あがりということで離脱ルートを決定して出発。

オンロードで林道入口を目指す。途中棚田百選の下赤坂の棚田に立ち寄ってから、30分ほどへいこら登って入口到着。後続をまってから突入する。

林道は4日に行った時から大分雪が溶けて地面が見える。ずるずる滑ってしんどかった前回とは違い、らくらくと尾根のトレイルとの合流点に到着。1ヶ所テクニカルポイントがあったので、一度下って後続と合流し再チャレンジ。今度はいけた。

尾根のトレイルは人もまばらで走りやすい。上り階段セクションは丸太が滑りやすくなかなかクリアできない。テクを磨こうと頑張っているけどまだまだ足りない。

tokiさんの離脱のために一旦国道まで降りるルートを皆で下る。見送ってから登り返し。最初はきついけどテクはさほどいらないのでクリア。また尾根に戻る。

同じように尾根を進み、ダウンヒルルートの入り口に到着。4日にta2daさんと行って下見済み。なかなかきっつい下りだけどできるだけ乗っていく。

鉄塔に向かって直滑降
鉄塔を過ぎ、谷側にキャンバーになってる道をソロソロと進んで、タイトターンの連続する下りでついにこけてしまった。気を取りなおしてDH続行。そのときは気づかなかった。

 大きめの石が転がるところも頑張ってくぐり抜け、里へおりた。
次のルートの前にコンビニに寄るため、国道を目指す。

そこでステムに取り付けていたGermin Edge 800が台座ごとなくなってるのに気付き茫然自失。この前GPSのこと記事にしたばっかりなのに。そりゃ、前にも1つやってるけどさ。

このedge800は発売と同時に購入したファーム2.0の貴重品。手軽に日本語化が出来、日本語の地図がつかえる。もう手に入らない。

とりあえずコンビニで昼飯。ta2daさんとjunさんは山を登り返して探そうといってくれた。ありがたや、ありがたや。

スパゲッティを平らげ、山の出口に戻り自転車を置いてトレッキング開始。まずはこけた地点をめざす。

15分ほど登ってポイントに到着し、3人で捜索開始。すぐにta2daさんの声、「あった」

あったーーー!

ほんと助かったー、戻ってくれた2人には感謝、感謝。
台座を止めているゴムリングが切れていた。自転車でコケたときは落し物がないか確認は必須。財布をトレイルに落としたこともある。基本的なことを忘れてしまっていた。

あっさり見つかったので、予定ルートをちょっと変更して最後のトレイルへ。舗装林道をちんたらへいこら登り入り口到着。ここのルートは大きめの石が転がってるけど斜度はたいしたことがなく、麓のほうまで下りてからもノリノリなトレイルが続く良コース。調子よく下っていく。けど一回前転。まだまだ下手くそだ。

麓の公園につき、本日のライド終了。
帰り道でマクドによってグラキャニバーガーを二人におごる。edge800の事を思えば安い。

峠には行かずトンネルを通って大阪へ。河内長野で二人と別れて5時半に帰宅。もう暗くなりかけ。

edge800にはストラップホールは無い。今度からどうしよう。

2012年1月7日

LA MIA BICI 1 : Fondriest Mega

阿蘇大観峰にて
乗鞍
はじめてのロード。Fondriest MEGA Tiagra Triple

2001年の夏にツールドフランスを見て、ロードレースの世界を知る。

2002年に2chの自転車板を参考にFondriest MEGAに決定。なぜかシルベスト今里店で購入。

2003年には輪行を習得し、色々旅をした。
沖縄、阿蘇、大山、四国、

はじめての乗鞍ヒルクライムは雨で中止。
その次の年に初レース参加。

トリプルクランクのインナーで、なんかケイデンス110ぐらい心拍180平均で登った記憶がある。ランスでも目指したのかw。今の自分じゃとても考えられない。

ジテツウも始め、毎日のように乗り回していた。

20000km走ったところでヘッドチューブとダウンチューブの継ぎ目にクラックが入り廃車。いま通勤につかってる自転車にステムが受け継がれている。

最近、Fondriestをぜんぜん見かけなくなった。
ミズタニはまだ扱ってるのかな。

納車されて、家まで乗って帰る時に味わった加速感は未だに忘れられない。

2012年1月6日

宝物



一本一本思い出せる。

最近はSporttracksやGarminConnectに入れっぱなしだからこれで全部じゃないけど。
もちろん範囲外も。

いまじゃ当たり前のGPSも昔は高嶺(高値?)の花だった。
GPS遍歴は以下のとおり。
だれかと比べるとぼちぼちだと思う。

Mio Digiwaker 168(知ってる人はいるだろうか)
germin eTrex Legend C(接触不良)
germin eTrex Vista HCx(気圧計、谷底へ落とす)
germin GPSMAP60CSx(ごつい、でもAA2本で18時間)
germin edge 500(現役)
germin edge 800(もちろん現役)

失くしたのもあるし壊したのもある。
GPSがなかったらここまで自転車にはまったかどうか。

ログは大切な宝物。

ブログはじめてみよう

鍵掛峠より裏大山を望む
自転車を趣味にして約10年。
いろいろなブログにお世話になった。

自分もギブできるようになればいいな